« 5月20日野生のラッコ君クーちゃんは・・危険と隣り合わせ・・自然の中だもんね・・ | トップページ | 釧路川の奇跡ラッコ君~クーちゃんさようなら~また会う日まで~ »

2009年5月21日 (木)

5月21日ラッコ君クーちゃん・・・結局は・・

写真展を企画したのは

野生のラッコ君に対し

餌をあげたりしてはいけないと

少しでも

理解してもらいたいと・・・

尾岱沼の現状は・・・・

けして悪意ではないものの

アサリ・毛蟹などを

与える現状が・・・

尾岱沼皆さんは素晴らしいと思います

船を出すにあたっても・・

すごく気を使って頂き・・・

ラッコ君が登る為のイカダを作って頂いたり

優しい人の集まりです

ただ・・

今日もラッコ君が可愛いばかりに

携帯を持って近づいて若い奥さんが

噛まれそうになったり・・

釧路の対応の遅さも目立ちましたが・・

尾岱沼では優しいばかりに

餌を与える光景が見られます

報道の方から観光課に連絡して対応していただける様に

しましたが・・

自分も悪かったと思います

「クー」と呼ぶと100m離れていても

あの子は来ました・・

以前に指摘のあった様に慣れさせてしまったのは・・・

今は

尾岱沼の港に居ますが

離れた時に・・決して安全ではありません

自然の摂理は変えられません

あとは彼の行動だけです

もう一度彼に話してこようかな・・

|

« 5月20日野生のラッコ君クーちゃんは・・危険と隣り合わせ・・自然の中だもんね・・ | トップページ | 釧路川の奇跡ラッコ君~クーちゃんさようなら~また会う日まで~ »

ラッコのクーちゃん」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

昨日の夜のテレビ各社でクーちゃん現況を拝見し響さんのインタビューも聞くことが出来ました。2月に幣舞橋に出現した当時と同じ事が再現されてしまった様で心配です。
たしかに人間界?に3ヶ月修行していた訳ですから人に慣れてしまった事は自分も以前の指摘あった様に反省しなければなりません。でもその経験を生かして他の自治体も対応していただければいいですね。
クーちゃんどこに行っても人気者です。すぐにアイドル?になってしまいます。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年5月22日 (金) 05時37分

こんばんわ・・ノリさん

お久しぶりです 

今日 テレビでクーちゃんを見ました
釧路川から190kmも旅をして別海町に居るそうですね
どこに行っても人気者のようでが 
現地では オーちゃん・・なんて呼ばれてるそうですね

 

投稿: もんた | 2009年5月22日 (金) 20時17分

ノリさま
お疲れさまです。
大変遅れましたが写真展の開催本当にありがとうございました。
また、関係者の皆様方大変お疲れ様でした。

TEMEラッコ親爺のみなさまに刺激され自分も20日と本日の2回
尾岱沼漁港に行ってきました。現場にいたラッコはクーちゃんと
確信していますが某新聞の記者の方が取材していましたが
未だに「どのへんがクーちゃんだと思われますか?」みたいな
質問をしていました。(笑)

今日見たクーちゃんは20日の時と比べると主観ですが少し疲れ
ているような感じがしました。両目も充血しており、両手の爪も
写真から変色(赤黒い)を確認しました。

体調も含めこれからが大変心配なところです。(ノリさんも)笑。
(響さんも泊まりがけだったと釧路で出会ったカメラマンさんから
聞きました。本当に頭が下がります。)
それではまた。(*^-^)

投稿: なやごん | 2009年5月22日 (金) 20時28分

クーちゃん 帰ってくれたほうが良かったですよね。 あんまり人間の期待に応えないでって言いたくなりました。人間社会でも多くありますよね。自分は自然のままでいたいのに、自分を必要としてくれてこうして欲しいと願っている人がいたらそれがうれしくて自分を犠牲にしてしまう人。
なんか今のクーちゃんをみてるとそんな思いになってしまうのです。もう私たちの前に現れなくていいよ。充分元気をもらったから、そんな風に言って見送ってあげたい気持ちで一杯です。

投稿: おばさん」 | 2009年5月22日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215282/45085205

この記事へのトラックバック一覧です: 5月21日ラッコ君クーちゃん・・・結局は・・:

« 5月20日野生のラッコ君クーちゃんは・・危険と隣り合わせ・・自然の中だもんね・・ | トップページ | 釧路川の奇跡ラッコ君~クーちゃんさようなら~また会う日まで~ »